ニキビ跡の赤み・色素沈着・凸凹と3つのタイプを解説!

ニキビ跡の赤み・色素沈着・凸凹と3つのタイプを解説!

ニキビがせっかく治っても、炎症を起こしたニキビの跡がなかなか消えずに悩んでいる人も多いと思います。


いわゆるニキビ跡には炎症の肌への残り方によって3種類のタイプがあります。


要チェック炎症の赤みが肌に残ったもの
要チェック炎症の刺激で色素沈着が残ったもの
要チェック炎症が真皮層にまで及び、陥没・凸凹が残ったもの


毛穴詰まりやニキビが黒く酸化した状態で治せば、ニキビ跡が残ることはありませんが、炎症をおこすほどニキビを悪化させたり、赤く腫れているものや化膿しているものを潰してしまったり、 放置して長引かせたりするとそれだけ肌にダメージを与えてしまうのでニキビ跡が残りやすくなってしまいます。


一般的にニキビ跡を治すには保険適応外の美容皮膚科や美容外科で治療するほかないといわれますが、 できてしまったニキビ跡のタイプによっては自宅で根気よくスキンケアすることできれいにすることもできるので、ニキビ跡が治らない、消えないと悩んでいる方は紹介するスキンケアを是非試してみてください。

ニキビ跡の赤みを消す!おすすめビタミンC美容液

ニキビ跡の赤みを消す!おすすめビタミンC美容液

要チェックニキビ跡の「赤み」にはビタミンCが効果的です。


ニキビ跡の「赤み」はニキビが炎症を起こして赤みが出たあとに、ニキビが治ってもそのままいつまでも赤みが残ってしまうものです。


肌の新陳代謝によって放っておいてもいつのまにかきれいになっているということもありますが、場合によっては何年も居座リ続けるということもあるものです。


こうしたニキビ跡の赤みを早く治そうとおもったらビタミンCが非常に効果的です。ビタミンC誘導体の化粧水やビタミンC美容液といったアイテムを普段のスキンケアに取り入れてみてください。


ビタミンC配合コスメを選ぶ場合、ビタミンC誘導体ではなく、L-アスコルビン酸の形でビタミンCが配合されているもののほうが、即効性があるといわれているので 「ニキビ跡の赤みを早く消したい!」という人はL-アスコルビン酸の形でビタミンCが配合されているものを選ぶようにしてみてください。


ちなみに、評判がいいビタミンC美容液にはビーグレンの「Cセラム」があります。

b.glen(ビーグレン)

お試し:1,944円 送料無料

注目浸透テクノロジー「QuSome(キューソーム)」を採用
特許済みの浸透テクノロジー「QuSome(キューソーム)」でピュアビタミンCを確実に肌に浸透させてくれるビーグレンのビタミンC美容液のCセラムがおすすめです。 お試しセットは1,944円。365日返金保証付きです。

即効性も魅力です! 詳細はコチラ!

ニキビ跡の色素沈着を消す!おすすめハイドロキノン配合美容液

ニキビ跡の色素沈着を消す!おすすめハイドロキノン配合美容液

要チェックニキビ跡の「色素沈着」にはハイドロキノンが効果的です。


ニキビ跡の「色素沈着」は炎症性色素沈着というもので、ニキビが炎症を起こした刺激でメラノサイトからメラニンが放出されてそのまま肌表面に沈着してしまったものです。


「赤み」と同様に肌の新陳代謝によって徐々に薄くなって目立たなくなっていく可能性はありますが、かなり長い期間がかかりますし、そのまま消えないということもあります。


ニキビ跡の色素沈着はシミの1つの種類でもあるので、美白成分がよく効きます。ビタミンCもある程度は効果がありますが、より即効性を求めるならシミ漂白効果の高いハイドロキノン配合のスポットケア用の美白美容液がおすすめです。


「色素沈着」は日焼けををすることで濃く大きくなりますし、ハイドロキノンを使用している間は、メラノサイトの活動が抑制されて紫外線に対する抵抗力が落ちるので紫外線対策は怠らないようにしてください。


美白効果の安定性と確実性を高めて、刺激なく使えるアンプルールのハイドロキノン配合美容液が一押しです。

アンプルール

お試し:1,890円 送料無料

注目新安定型ハイドロキノン配合のドクターズコスメ
ニキビ跡の色素沈着や紫外線によるシミに抜群の効果を発揮するハイドロキノンを配合したNHKのきれいの魔法でも紹介されたスポッツケア用の美白美容液です。 特典が豪華と評判の1,890円のお試しセットがあります。

この美白美容液をおすすめします! 詳細はコチラ!

ニキビ跡の陥没・凸凹はスキンケアで治せる?

ニキビ跡の陥没・凸凹はスキンケアで治せる?

要チェックニキビ跡の「陥没・凸凹」はスキンケアでは治せません。


ニキビ跡の「陥没・凸凹」はニキビ痕というべきもので、ニキビの激しい炎症が肌の奥の真皮層にまで達してしまい、皮膚の組織が傷ついてしまった結果、クレーター状の陥没が肌に残ってしまったものです。


ニキビが炎症を起こしてしまうのは珍しいことではありませんが、真皮層にまで達するほどの炎症が起きてしまうのは体質によるところが大きいようです。


そのため炎症がひどくなりやすい人は皮膚科で炎症を抑える抗生物質を服用しつつ、スキンケアではビタミンCの抗酸化作用で炎症の原因となる活性酸素を抑制するほかありません。


できてしまったニキビ跡の陥没・凸凹は、自宅のスキンケアで改善するのは不可能です。美容皮膚科や美容外科であってもケミカルピーリングやフラクセルレーザー、光治療で、今より少しはマシな状態にすることしかできないようです。(今のところ凸凹ができた肌をきれいな元の肌に戻す方法は確立されていません。)


とりあえず、ニキビ跡の陥没・凸凹で悩んでいる方は、皮膚科、そして美容皮膚科や美容外科にいって相談してみてください。 自宅でできることは、コラーゲンの生成をサポートして内側から肌を修復してくれる効果のあるビタミンCでスキンケアすることぐらいしかありません。(参考サイト:皮膚科で治すニキビ&ニキビ跡)

b.glen(ビーグレン)

お試し:1,944円 送料無料

注目肌の凸凹を内側から修復!?
ビタミンCには、肌のコラーゲン生成を促進させる働きがあり、肌の凸凹を内側から修復してくれる効果があります。 とはいっても劇的な効果があるわけではないので過剰な期待はしないでください。ビタミンCには炎症を防ぐ効果があるのでニキビ跡の予防に効果大!

凹凸にビタミンCが効果のある理由 「ポイント3」を要チェック!
Copyright © 2012 ニキビ跡を治す方法~赤み・色素沈着・凸凹の治し方はコチラv(・∀・)· All Rights Reserved·